花火を撮影しよう

花火を撮影しよう

花火を撮影しよう

誰もが夏になり花火大会へ行った時などは、きれいな花火をの写真を撮りたいと思うはずです。ですが、何も設定せず、オートで撮影してしまうために、こんな感じの写真になってしまう人が多いはずです。せっかくの一眼レフなわけですから、ちゃんと設定してやればとてもきれいな写真を撮ることができます。

 

花火の撮影には三脚とレリーズが必要になります。レリーズとは、シャッターの延長コードみないたものです。端子をカメラに取り付ける有線タイプが一般的ですが、遠隔操作ができるリモコンタイプのものもあります。カメラに触れずにシャッターが切れるので、カメラがブレることなく撮影できるのです。三脚を使って、シャッター速度を遅く撮影する夜景や花火の撮影、望遠レンズでの撮影にはあるととても便利なアイテムです。

 

先の月の撮影に用いてもいいです。特に花火の撮影には数秒から長い場合では数十秒もシャッターを開けっ放しにするため、レリーズがあったほうがいいでしょう。

 

カメラの設定ですが、花火はとても遠くにあるのと、一瞬に出るものですので、オートフォーカスによるピント合わせは非常に難しいですし、それを行っていると、撮影のタイミングも遅くなってしまいます。ですので、マニュアルモードにして、あらかじめピントを合わせておきます。最初からいきなりものすごいスターマインがあるわけではないので、単発の花火の時などを利用してピントを合わせておきます。

 

花火を撮影しよう

 

ISO感度は100やそれより小さいのがあれば50とかに設定しましょう。大きくすると感光しすぎてまぶしくなってしまいます。撮影モードは「B」バルブ撮影モードを選びます。バルブモードがないカメラでは「M」マニュアル撮影モードを選んでください。バルブ撮影とはシャッターボタンを押している間だけシャッターが開く撮影のことをいいます。もしくはシャッタースピードを4秒とかに設定しておきます。

 

バルブモードのないカメラでは、撮影モードを「M」モードにしておき、ダイヤルを矢印の方向へどんどんまわしていくと「BULB」モードになります。「BULB」モードとは、シャッターボタンを押している間だけシャッターが開くモードです。これにより打ちあがる瞬間にシャッターを押したままにし、花が開いて消えた時にシャッターを離します。

 

花火を撮影しよう

 

これはシャッタースピードを2.5秒にして撮影した写真です。右の花火がうまく光が広がる感じで写っています。もう少し長く設定すればよかったと後悔しています。
それと望遠レンズを使ってかなり遠くから撮影しようとした時なのですが、ちょっとのブレで花火の光の筋が曲がってしまいます。一眼レフカメラは撮影の時に内部のミラーが跳ね上がるシステムですが、時にはこの跳ね上がりだけでぶれることがあります。

 

ちょっと高級な一眼レフになると、中のミラーをあげっぱなしにできるものもあります。花火を遠くからとりたいと思うなら、こういうカメラを探すのもいいでしょうし、ミラーレスの一眼レフもありかもしれません。

関連ページ

基本用語(絞り)
一眼レフカメラでは欠かせない「絞り」について説明します。
シャッタースピード
シャッタースピードとは、光をイメージセンサーに当てる時間のことです。別名露出時間とも言います。
ISO感度
ISO感度とは感光部が光を感じる感度の良さを数値化したものです。
月を撮影してみよう
最も手軽な被写体の一つに「月」があります。今年(平成24年)の9月の中秋の名月は立派なもので、次に同じような月が見れるのは8年後ということでした。

ホーム RSS購読 サイトマップ